四谷学院の評判が予備校の中でも結構良い理由

「ダブル教育」が四谷学院のオリジナル学習システム

「能力別科目授業」では、各科目の基礎知識を体系的に身につけて理解を深めることを目標としており、「55段階個別授業」では、講師とマンツーマンで実践演習を積み重ねて解答力を高めることを目標としています。
この2つの授業を組み合わせる「ダブル教育」が四谷学院のオリジナル学習システムであり、評判も上々で最大のアピールポイントです。
1クラス50人程度という「少人数制」の講義も良い点のひとつで、マンモス校だと質問するのも順番待ちでなかなか質問すらできない状況だと聞きますから、四谷は講師との距離が近く、講義はやる気ない講師でも質問に対しては熱心に答えてくれるので、一人一人に対する対応は最上レベルではないかと思われ、これはマンモス校にはできない芸当であると考えられます。
結局のところ、たくさんある予備校の中でそれらに評判の順位をつけることは難しく、一長一短があると思いますが、マンモス校の大規模教室が苦手で個別にしっかり指導してもらいたいというのであれば、少人数制の四谷のようなところを選ぶべきです。
しかし、予備校はあくまで自主勉強という主役が走るためにサポートするペースメーカーみたいなもので、それ自体を頼りにして寄りかかっては駄目です。
自分で自主的に行う受験勉強のサポートをしてくれる場所という程度に捉えた方が良いと考えます。
そういう考え方からすると、どこに入っても自分がしっかり頑張ってさえいれば、どこでも構わないということです。
みんな浪人生活が決定してしまった後に、どこの予備校が良いのかとあまりにも悩みすぎで、実際浪人生活が始まったらどこであろうとあまり関係なくなります。
四谷学院は独自の学習システムを構築しているので、どうしても自分で勉強する方法がわからないという人には、十分に活用できる充実したシステムと優秀な講師陣がちゃんといるので、駿台や河合などのマンモス校で埋もれるのが嫌な人は四谷学院をおすすめします。

<宮城県仙台市太白区の学習塾・予備校評判比較ランキング>https://t.co/lvgcHcP8Qy

— 宮城県の学習塾・予備校|評判口コミによる (@fq1308682a) 2019年10月23日

駿台は教材もこれまでの実績が凝縮された最高のテキストが多い / 「能力別科目授業」と「55段階個別授業」のダブルで育ててくれる / 「ダブル教育」が四谷学院のオリジナル学習システム